コムファリレー

2012年11月

監督気分で♪

先日、就職説明会で使用するための薬局紹介の動画を撮影しました。

京都コムファ6薬局は、それぞれ規模も違い、各々とても特徴的です。就職説明会に参加してくれた方々にどうやってその魅力を伝えればいいか?

パンフレットなどだけでは、どうしても限界があります・・・。

ということで、各薬局の動画を作って流すことになりました。

 

今回撮影したのは、我らがコスモス薬局。

コスモス薬局は規模も大きく、調剤設備・電子薬歴なども整っています。他にもコスモス薬局の魅力がたっぷり詰まった動画になったか?

ぜひご自身の目で確かめに来てください!

 

撮影は事務のOさんがやってくれたので、私は監督気分で「ここ撮っとこ!」「あれも!」と指示を。

でもそんなセンスがないので・・・。映像で魅せるというのも、なかなか難しいなと思いました。

が、せっかく撮影したのでぜひいろんな方に見てもらいたいと思います。

大手の会社が流しているような、作り込まれた見やすいものではありませんが、手作り感満載のVTR。

それもまた味が出ているのではないでしょうか?

 

これからの時期、各大学などの就職説明会ラッシュです。

この動画、気になる方はぜひ就職説明会に参加し、京都コムファのブースへお立ち寄りください!!

私自身もこれを使って説明するのが楽しみです♪

 

                                                                                                                    コスモス薬局 G

画像.jpg

LINEで送る

透明な水

みつばち薬局のドラきちです。

 

同じ職場のTさんと話題がかぶるので嫌なのですが(笑)、自分も7月に休暇を利用して中国に行ってきました。と言っても自分は黄龍・九寨溝に行ってきたので行き先は違うのですけれど。

九寨溝といえば景観で有名な世界遺産の一つで、中国が最も力を入れている観光地といっても過言ではありません。

詳しく知りたい方は各自ネットでどうぞ^^

 

その凄さを示す写真を載せることにしました。 

 

九寨溝写真.JPG

 

 

一見、奥に青い色の綺麗な池があって、手前に草が生えている写真に見えます・・・が、

実はこれ、写真上部の木を除き、ほぼ画面いっぱいが水面です。

あまりに透明過ぎて中の水草が普通に映っています。

解説がないと、凄さが分からないという写真も珍しいですね(笑)

本当に綺麗な水というのは流れがないと水の中までとても良く見えるものなのだと、この時思い知らされました。

この1枚が撮れただけでも個人的には満足でした。 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

LINEで送る

近畿ブロックスポーツ交流会

 

 

先日、民医連共済会の近畿ブロックスポーツ交流会にファミリーで行ってきました。

この交流会は毎年あるのですが、会場が兵庫県の鳴尾浜なので京都からはちょっと遠い!!

地図.jpg

ので?京都の参加者は他県にくらべちょっと少なめ。

競技種目は卓球やテニス、バドミントンそして、ソフトボールにフットサル。

さらに今回初登場!?の大縄跳び大会がありました。

 

当日の天気が、あいにくの雨で屋外の競技はやっていたのかどうか。。。わかりません。

なぜなら私たちは体育館でバドミントンをしていたからです。

 

スポーツ交流会1.jpg

トーナメント形式でダブルスの試合をやりました。

残念ながら2回戦で敗退。

 

 

次に大縄跳び大会の参加のお声がかかったのでちょっと頑張ってみました。

3分間で跳んだ回数で競います。

縄に引っかかっても足がつっても3分間は跳び続けなければなりません。

スポーツ交流会2.jpg

 

 

足がつりそうになりながらもみんな頑張り、見事に京都が優勝!!

 

スポーツ交流会3.jpg

 

表彰式 ↑ 残念、 写真が小さいです・・・

一緒に跳んだ人、ありがとう。

 

そして

 

スポーツ交流会4.jpg

ビール券をいただきました。ありがとう!!!

 

実行委員のみなさんや共済会事務局の方のおかげで今年もいい汗かきました。

 

豪華昼食付で、子供にはおやつがもらえます。

交通費も支給してもらえるので来年は皆さんも是非参加してみてはいかがですか?

 

花ぐるま太郎の輔

LINEで送る

趣味は編み物!

寒くなってきましたね。あゆみ薬局前田です。

 

初めて編み物をしたのは小学生くらいだったかな。

母が私と弟に手編みのマフラーとチョッキを編んでくれて

とてもうれしくて、私もと真似してやっていたのを覚えています。

 

本を見ながらの自己流ですが、まあまあの腕前なのですよ。

以前はセーターやカーディガンなど大物を作っていましたが、

最近は時間もないし、小物ばかり作っています。

ここ2,3年の作品です。

 

マフラーとストール

マフラーjpg   ストールjpg

 

息子へ帽子と手袋

息子のjpg

 

娘へチョッキと手袋、帽子とストール

娘のチョッキjpg    娘のjpg

 

パパへ帽子と手袋

パパのjpg

 

 

娘がむちゃくちゃ喜んでくれるのでどうしても娘のものが多くなってしまいます。

こんなのも作ってみました。

 

かばんjpg    アミグルミjpg

 

編み物は寒い冬だけの趣味です。

今年は何を作ろうかな!

LINEで送る

気になる患者さん その2

 

なごみ薬局・のぶさんです。

 

以前診療所とのカンファレンスでのSKさん80歳代男性の

お話を載せましたが、カンファレンスではありませんが

MKさん80歳代女性のお話。

 

数年前に夫を亡くし今の家に一人暮らし。

息子は隣に居て理髪店を開いている。

週に2回デイサービスに出かけ、

それ以外の日はベッド上でごろごろする生活。

もちろんヘルパーさんは土日以外は

1日1回入ってくれている。

image-1.jpeg

医学的には認知症・貧血・骨粗しょう症など。

薬の訪問で2週に1回訪問すると

「ボケた。わからへん。こわい。」を繰り返す。

 

8割がたは寝ていることが多いが、

たまに訪問時にベッドに腰掛けているときもあった。

 

11月13日夕方。薬局長が前日に処方された定期の薬を配薬。

夕方遅かったのだが本人が体調不良を訴え診療所に臨時往診を依頼。

抗菌剤とアセトアミノフェンが処方される。

すぐに再度配薬。

息子さんに服薬確認を依頼。

2913610.jpg

11月14日午後。診療所より痒がっているので

「抗アレルギー剤を出す。1回分訪問したその場で飲ませて欲しい」と依頼を受ける。

2916038.jpg

 

私が訪問した時はベッドで横になって「ボケた。わからへん。こわい」を

繰り返していた。

誤嚥されたら困るのでベッドに座ってもらおうと介助するが

座位を保つのが難しく片手で支え、

片手で薬とストローつきの湯のみを持ち

援助するが、なかなか飲み込めず困難を極めた。

認知症の進行で嚥下もままならなくなっている様子だった。

 

11月15日午後。診療所に別の用事で行った際に

主治医のN医師に口頭で報告。

「息子さんもヨーグルトに混ぜて薬飲ませたりしているみたいだけど

なかなか難しくなってきているみたいに聞いている」とN医師。

口腔内崩壊錠で1日1回の抗アレルギー剤の名前を伝えて

薬剤の変更を検討してもらうこととした。

実際に困ったことに遭遇しないと

処方を見直すことが少ないのが現実。

その日MKさんは診療所の処置室で点滴を受けていた。

(普通点滴は点滴室で受けるのだが針を自己抜去されては

困るので処置室で)

image-3.jpeg

 

11月17日臨時往診で

抗生剤と唇がかさかさで油分を補う外用剤が処方。

息子さんに連絡し取りに来てもらって対処。

息子「ちょっと今大変です」と多くを語らず。

 

早くよくなってくれたらな~。

Category : 薬局日記
LINEで送る
1  2  3