コムファリレー

2015年11月

「フェルメール」をたずねて in ワシントン⑧

前回(7月10日)からの続きです。

いよいよアムトラック(電車)に乗ってニューヨークに行きました。

アムトラックの中の様子です。

私は体が大きいです。お婆さんで私より背が高く横幅も大きい方を車内で何人か見たのですが、座席の幅は日本と変わりませんでした。

車掌さんが怖くて、切符点検の後、切符を頭上の荷物置き場前の切符置き場に差し込まれたのですが、そこが定位置のようで、私は盗まれたら困るので手に持っていたら、定位置に置くよう怒られました。

乗り心地は日本の電車と変わりませんでした。

アメリカと言えば車社会と思っていたのですが、このワシントンとニョーヨーク間のアムトラックはビジネスマンが多くいつも空席は少ないそうです。

ニューヨーク付近の川を渡る陸橋からの眺めはとてもきれいでした(写真とれませんでした)。

 

20151106.jpg

 

○過去の記事

「フェルメール」をたずねて in ワシントン①

「フェルメール」をたずねて in ワシントン②

「フェルメール」をたずねて in ワシントン③

「フェルメール」をたずねて in ワシントン④

「フェルメール」をたずねて in ワシントン⑤

「フェルメール」をたずねて in ワシントン⑥

「フェルメール」をたずねて in ワシントン⑦

 

 

LINEで送る

ピンク色の白衣

あゆみ薬局にて、ピンク色の白衣が使われることになりました。

と言っても、事務さんが着る白衣なので、薬剤師の白衣は白いままです。

患者さんが見て、区別できるように色を分けたわけですが、

ピンク色なのでピンク衣とあゆみのIさんは呼んでいます。

正式な呼び方が気になって仕方ない。

 

にしましても、ピンク色の白衣(なんかややこしいですね)は白色とは違った明るさがあっていいですね。

ピンク色には心理的な効果として『幸せな気持ち、優しい気持ち、緊張をやわらげる』といった作用があるらしいです。

薬局にはピッタリですね。

お待ちの患者さんに、いい影響が与えられていたらうれしいです。

ん?他にも作用が、

『心も体も若くなる、愛らしく見える』

…ちょっと着てみようかしら。

 151104.JPG

Category : 薬局日記
LINEで送る
前の5件 1  2  3