コムファリレー

2015年12月

糖尿病治療

(2型)糖尿病は遺伝性素因に加えて、肥満や過食、運動不足等が原因の生活習慣病のひとつに位置づけられますが、

治療に当たっては、患者さん自身が糖尿病の病態や頻度の高い合併症、療養上の注意点等について理解した上で、

自分で能動的に管理を行っていくことが求められます。

 

「教育入院」といって、上記事項についての説明や、実際の食事・運動療法を専門家指導下で実践できる治療パッケージもありますが、多くの外来患者では、教育入院のような十分な指導がなされていないことが少なくありません。

 

そこで今一度、各医療従事者が、糖尿病及びその治療について最新の知見を共有して、チームとして一貫性のある切れ目のない患者指導を実施する必要があると考えます。

 

そこで、2016年3/12(土)に京都民医連中央病院にて、医療従事者を対象に、

患者さんの自己管理支援を目的とした、糖尿病治療に関する留意点を基礎から学習する場を設けさせて頂こうと考えています(変更の可能性あり)。

 

興味のある方、是非ご参加・ご連絡の程宜しくお願い致します。

各職種の方と活発な意見交換を行うことで、薬剤師能力の向上及び存在感のアピールにつながればと妄想しています。

図6-19.jpg

 

Category : 薬局日記
LINEで送る

12月25日

今日は、クリスマスです。

 

20151225.jpg

 

枕元にプレゼントはありましたでしょうか?

私は靴下を用意しておいたにも関わらず、何も入ってませんでした。

( ノД`)…  まだ、絶賛受付中!です。

 

この一大イベントが終わる…

……ということは、次は もういくつ寝るとお正月ー♪ です。

あと、ななつ寝るとお正月です。

 

1年って、あっという間で今年何か変われたかなぁーと

振り返ってみました。

……いや、変わってないな。成長してないぞ、私!

 

 

みなさん ご存じの通り(?)、わたくし ♪るなきち♪は 病院勤務を経て

保険薬局で働いております。

 

同じ薬剤師でも担っていることはちがうと思っていますが、同僚Mと話していて

ん?と感じたことがありました。

 

病院薬剤師って、カルテで医師の治療方針や検査値を見ることができたり

直接医師と話ができるのが最大の違いだと思いますが、これって患者情報を

カルテなどに頼りすぎてたんだなーと。

指導する前に、ある意味 “武装”することができるのですよね。

そして、震災などあったとき 電子カルテなんて見れない……。

停電時でさえも、大変なことが起こったと言うのに。

 

最近でこそ、院外処方箋に検査値が載るようになって適切な用法用量のチェックが

できるようになってきてますけど。

 

逆に言えば、保険薬剤師って 処方内容と患者自身から すべての情報を得て方針を推測して

指導していくって……これって すごい色んな知識いるんじゃない??

 

加えて、窓口で 栄養相談とか、お支払の相談とか……多種多様です。

 

日々、色んなところにアンテナを張ってなければいけないんだなと

再確認いたしました。

 

 

さて、コスモス薬局からの今年最後のブログ更新となりました。

皆様 よいお年をお迎えください。

 

 

コスモス薬局 ♪るなきち♪

LINEで送る

忘年会がありました

去る12/19に朱雀邸において京都コムファの今年の忘年会が執り行われました。

常勤職員はもちろんパートさんやか子供たち、そして奨学金をもらっている奨学生まで総勢約90名が参加する一大パーティーです。

理事長からは今年の漢字「安」から、不安いっぱいではなく安心・安全な薬剤活動と日常生活に変えていけるようにしましょうと挨拶が。

永年勤続表彰では代表して35年表彰の大野和夫氏より挨拶を受けました。

DSC04250.JPG

一部はさっさと終わって二部へ。

 

乾杯の音頭は正岡氏の発声で。

20151221.jpg

 

テーブルは大体薬局ごとにセットされていたので知らない人と食事をすることはありません。

DSC04278.JPG

 

いろいろなごちそうをいただきアルコールも程よく入ってきたところで大ビンゴ大会です。

 

DSC04277.JPG

カードを受付時にもらうのでそれを開けていくのですが、一番初めにビンゴした人が好きに選んで貰っていくのではなくそれからまた抽選です。

 

DSC04281.JPG

おおむね二人に一人は何らかの景品が当たるというぐらいの設定だそうです。

で、私当たっちゃいました。目録のが。

去年も目録ので「好き焼用の高級牛肉」があたり夫と二人でペロッといただいてしまいましたが、今回は「アイスクリーム」だそうです。今から届くのが楽しみです。

 

今年もあと1週間と一日働いたらおしまい。

来年も元気で病気せずに頑張りたいですね。

 

なごみ薬局・のぶさんでした。

Category : 薬剤師のつぶやき Category : 薬局日記
LINEで送る

休日

今年も残りわずかになりました。

 

先日お休みをもらい、プリザードフラワー教室でお正月用飾りを作成しました。

休みの日は時々ですが、指編み教室にプリザードフラワー教室に行ったりしています。

不器用で中々上達はしませんが…作っている間は時間もあっという間で、楽しい時間を過ごしています。

来年は仕事も趣味の教室も、もう一段階上を目指して頑張りたいなと思います。

写真は10月~12月に作ったものです。(今年中にマフラーを作る予定です!!!)

 

151219-1.jpg     151219-2.jpg

       ★ 冬用帽子 ★                            ★ お正月用飾り ★

 

151219-3.jpg

★ 初プリザードフラワー作品 ★

LINEで送る

鈴鹿医療大学講義2015

 

みつばち薬局上賀茂店の前田です。

 

今年も鈴鹿医療大学から要請を受け、12/7の午後から薬学部の4回生80名弱に対して在宅講義を行ってきました。

去年は教壇に立つのも初めてだったので、ガチガチで(自分にしては珍しく)一切アドリブなしで、学生ともコミュニケーションが上手く取れたとは言い難い状態だったので、今年は「去年よりは上手くやるぞ」という意気込みで臨みました。

 

内容としてはほぼ去年の踏襲で

  • 在宅に関する講義(PV(高尾君の一日)付き) 60分
  • 実際の事例を基にした課題に関するスモールグループディスカッション(以下SGD) 60分
  • 各課題の解答・解説 10分×11課題 = 110分

でした。

(各課題の最後には「前田をDrかCMに見立てて提案をするロールプレイ」を各班代表1名選出して行ってもらいました。)

 

課題の方は去年の反省も踏まえて新規課題2題、改題3題を行いました。そのため、殆ど去年と同じ課題だったので、比較的精神的には余裕があったと思います。

やはり、在宅自体を知らない学生が多く動画や写真で解説するだけでも隋分反応があって、講義もしっかり聞いてくれていたように感じます。寝てる人も2~3人ぐらいでした。

 

ただ、SGDに関しては去年に比べて事前に調べていた学生が少なく、「変だな」と思っていたらなんと昨日がOSCE本番だったそうで、それは仕方ないかなとややヒントを甘めにしました。去年はあまり質問をされなかったので、今年は積極的に学生に声をかけるようにして、楽しく話が出来たと思います。親しみやすさが出たのか、質問も去年の倍以上あり有意義に過ごせましたが、グループが11もあるので、60分以内だと1班に割ける時間は約5分。あっという間に過ぎてしまいました。

 

課題の発表はそれぞれ個性が出ていてとても面白かったと思います。ただ気になったのはロールプレイとはいえ、「対外的な言葉遣い」が出来ていない学生がちらほらいたこと。やはり社会に出ないとこういった部分は難しいかもしれません。

また、こちらの意図が上手く伝わりきらず、妙な空気で終わってしまった課題もあり上手く誘導するのは難しいと感じました。

ただ、鈴鹿の先生には「来年も是非お願いします」と言っていただけたので、機会を頂けたら今年よりさらに上手くやりたいと思います。

LINEで送る