コムファリレー

2017年3月

明日あると思う心の・・・

2011年3月11日

あの日から6年

 

帰れないふるさと

耕せない田畑

 

季節の移ろいは何も変わらないのに 臭いも色もない怪物が 居座り続ける福島

 

なくなってしまったものすべてにすまなくて

「幸せになっていいの?」を問い続ける日々

 

明日あると思う心のあだ桜 夜半の嵐の吹かぬものかは 

 

だからこそ 大切に大切に生きなくちゃ

昨日も 今日も 明日からも

 

コスモス薬局 ひだまりの柚子の木

 

20170310.png

薬学生と訪ねた 楢葉町「宝鏡寺」から撮影した風景

(2014年3月21日撮影) 

 

 

LINEで送る

「薬剤師が実践する褥瘡治療の実際」京都コムファ全職員学習会に参加しました。

京都コムファあゆみ薬局 薬剤師008です。

毎年2回定例の「京都コムファ全職員学習会」が3月4日(土)に行われました。

今回の題目は、「薬剤師が実践する褥瘡治療の実際」。

 

臨床薬剤部の先生を講師にお迎えして、褥瘡予防・治療法・薬物療法のお話でした。

 

薬物療法としては、症状を見極め、創面の湿潤状態に合わせて薬剤をブレンドする、

基剤の特性による使い分けが大切であることを学びました。

 

おしりの模型を使って、実際に用いる薬、ガーゼなどを使い実演実習。

170308.jpg

 

 

「褥瘡は、薬剤治療を正しく行えばほぼ完治する。」と

先生のお話に、薬剤師としての役割を改めて考える機会になりました。

有意義な学習会でした。

LINEで送る

あゆみのあゆみ更新しました。

あゆみ薬局の月1回更新職員リレーブログ あゆみのあゆみ 更新しました!

お題「あゆみ薬局で驚いたこと」第8弾 

あゆみ薬局薬剤師歴17年ほどの語る驚き、「日々進化しています」

今明かされる、就職理由!

Category : 薬局日記
LINEで送る

学習会の講師

京都コムファ コスモス薬局Mです。

 

先日、リウマチ患者さんの会に、学習会の講師として呼んでいただきました。

 

「なんで、診察の時に先生と話をしてきたのに、また薬局でもいろいろ聞かれるのか?」とのお問い合わせをいただいたので、服薬管理指導をメインに、調剤薬局の仕事についてのお話をさせていただきました。

 

レセコンへの入力、保険請求、調剤、監査など処方せん受付後の流れや、投薬時に患者さんとの会話から、正しく処方がされているか、副作用が見逃せれていないかなどを確認している事など、日常業務について説明しました。

「薬集めるだけじゃなくて、いろいろな事をやっていたとは知らなかった」「これからは窓口で、自分の病状など、積極的に伝える事にします」などのお声をいただく事ができました。

 

10人くらいの小さな会でしたが、こちらが考えていたことが伝わり、ご理解いただけた事がとても嬉しく、また自分でも、普段の業務を振り返る、よい機会となりました。

 

 

LINEで送る

第12回京都民医連学術交流集会

京都コムファ あゆみ薬局 薬剤師1013です。

 

2月23日に第12回京都民医連学術運動交流集会が京都テルサにて開催されました。

「無差別・平等の医療・福祉をめざして!-格差社会への私たちの挑戦-」をメインテーマにあらゆる職種の民医連職員が発表・意見交換し知識を深めました。

とても民医連らしいテーマ!

記念講演には東京大学大学院医学系研究科准教授の近藤尚己先生をお招きし、健康格差についてお話ししていただきました。

 

生活困窮者が医療を受けられていない現実と、それに対して我々、医療人がどう手助けできるかを改めて考えさせられました。

実際、お薬代が払えないという理由で間引いて服用されている患者さんや、治療できずにいる患者さんもいらっしゃいます。京都市の保険薬局でも無料低額診療事業が適応できるように現在も京都民医連は活動しています。

 

 

1703011.jpg

LINEで送る
前の5件 1  2  3