コムファリレー

夏といえば!のイベント。

こんにちは。

法人本部おおねです。

 

引っ越しの余波を引きずりながら、新しいラックを手に入れたり作ったりして日々新しい発見のある法人本部です。

こんなのとか。↓

IMG_1615.JPG

 

山内専務代理謹製  演目:台。

 

(書類に穴開けてファイルに入れたりする作業台が欲しかったけど、手ごろなサイズと値段のものが無かったので、

有り余る段ボールで作ってみたそうです。

強度とか耐用年数とか製作コストとかは不明です。いいんです、これで心安らかに業務が遂行されるなら。)

 

 

さて、気づけば9月。この夏はお引越しや通勤時間の6倍増に悩まされていましたが、やはり夏と言えば「高校生一日薬剤師体験」です。

今夏も京都府下21校から約40名の高校生が病院・薬局に一日体験をしに来てくれました。

こんな感じで…

http://www.kyoto-compha.or.jp/compha-blog/2017/07/26/#001857

 

綾部の京都協立病院も受け入れ先の一つです。

http://www.kyoto-kyoritsu.org/staffblog/

病院は医師体験もナース体験もあって、より賑やかそうですね。

 

実はこの高校生の一日薬剤師体験は人気企画で、今回は申し込みが120名以上ありました。

キャパオーバーで「今回は参加してもらえませんごめんなさい」のお手紙を、文字通り泣きながら折り込んだのが7月始め。(本部の引っ越しとタイミングがピッタリ重なっており、事務作業もキャパオーバー…)

 

7月の終わりと8月の終わりそれぞれ1週間ずつ、日程の希望がかなった高校生が薬局と病院で「一日体験」をしました。

普段の大学生の見学と違って、高校生は寄せてくれる感想も新鮮です。

「調剤した後すぐ患者さんに薬を渡すイメージだったけれど、4人くらいの目で確認していると知り、大変な仕事なんだと思いました」

「服薬指導も薬剤師の仕事だとは知らなかった」

「調剤などの作業だけをずっとしているイメージがあったが、意外と明るい職場だと思った」などなど。

目の曇った薬局法人社員から見るととってもまぶしくてフレッシュな感想ばかりでした。

 

協立病院のブログにも書いてありますが、医師や看護師ってテレビドラマや小説、その職業の方のエッセイなんかも割と一般的ですが「薬剤師」のドラマとか小説とかあまり無いですよね。

やっている事は同じくらい尊くても、表立つイメージがあまりないのでしょうか。。。

でも少なくとも京都府下120人の高校生は「薬剤師」に興味を持って申し込んでくれたわけですから!(来てもらえなかった方にはホントにすみません)

「薬剤師になりたい気持ちが強まった」って書いてくれている感想も少なからずありましたから!

 

体験や、実際に働く薬剤師を見て「ええ仕事やな」って思ってもらえれば、一日体験は成功なのだと個人的には思っています。

 

 あ、あと9月末にこんなのもやります。

 奨学金説明会案内.pdf

 こちらへの参加数が伸びれば、法人的にも大成功となります。

 ちなみに既に薬学部へ通っていらっしゃる学生さんも対象です。

 ご興味がおありの方は、こちらまでお問い合わせください。

 yakugaku@kyoto-compha.or.jp

 資料請求だけのご希望も受け付けています~

Category : 事務局日記
LINEで送る

実務実習が始まります。

京都コムファ コスモス薬局 〇畑です。

8月もあっという間に過ぎてしまいましたね。

子供がいると、海やプールに行く機会も増え、今年は夏ならではの休日を過ごすことができました。

何年?いや何十年?ぶりの海でしたが、大人になっても楽しいものですねー。舞鶴・若狭方面なら日帰りでも楽しめますよ!

 

さて9月からは、第2期の実務実習が始まります。コスモス薬局にも2名の学生が来られます。大学では学べない現場の色々を経験してもらい、たくさんの患者さんに接してもらって充実した11週間を過ごしてもらえたらなと思っています。

LINEで送る

薬害根絶

皆様いかがお過ごしでしょうか?

最近、「来局していただいている患者様からやっと涼しくなってきたね」と言われだしましたが、まだまだ汗だくな花ぐるま薬局の高尾です。

先週の木曜日は「薬害根絶街頭宣伝」でした。

私は円町駅での宣伝に参加いたしました。

去年との宣伝で異なるのは去年よりも若い方が宣伝のうちわをもらってくれたことです。

背景には子宮頸がんワクチンでの薬害等が影響されたかはわかりませんがこれを機会に幅広い年代において薬害が少しでも認知されればと心から思います。

図6-27.png

※参加者全員がタカオということではありません。個人情報保護のため顔面をタカオにしてお送りしております。

 

また、私ごとですが今月に父親になりました。

この場をお借りしまして、相談にのっていただいた方々、祝福いただいた方々、ありがとうございました。これからも家族ともどもよろしくお願いいたします。

LINEで送る

梅干し作りに親子で初挑戦

京都コムファ、コスモス薬局のつちたにです。

 

今年の夏は梅干し作りに親子で初めて挑戦しました。ワークショップで、梅干し作りの講師の方に手順を教えてもらいながら、5歳の息子と作りました。材料も全て準備してあったので、会場にいくだけで漬けるところまでできました。

 

7/9 

はじめに、青すぎず、熟れすぎてない梅を22粒(約500g)選び、ヘタを竹串で丁寧にとっていきました。息子は保育園でやったばかりで、丁寧に作業していました。

 

20170814-1.jpg

 

次に、使用するビンをホワイトリカーで消毒し、塩100g、梅にたっぷりホワイトリカーをスプレーでかけました。

梅に塩をすりこんで、「おへそ」の部分に塩をたくさんのせて、ビンの下から梅のへそを上にしてどんどん詰めていきました。

500gの重石(袋に入ったビー玉)をホワイトリカーで消毒し、梅の上にのせて蓋をしてワークショップでの作業は終了しました。

 

20170814-2.jpg

 

時間がたつと、梅酢があがってきました。

浸かっていないところにも梅酢が行き渡るように、塩がとけるように毎日朝晩と息子に混ぜてもらいました。

塩の溶け残りがなくなり、すべて梅酢に浸かったので、1週間で重石を外しました。

 

20170814-3.jpg

 

8/11-13

夏休みを利用して、土用干しをしました。

梅雨明け後の天気のいい日が続く時に直射日光があたるように、空気の通る竹ザルを用いて、約3日行います。

マンション住まいで広げて置けるところもないので、室外機置きに吊り下げておきました。

表が乾いてきたら適宜裏返しを行いました。

 

20170814-4.jpg

 

8/13 夜

出来上がりです。

20170814-5.jpg

 

思っていたよりも梅干し作りは簡単で、親子で工程を1ヶ月楽しむことができました。

息子が初めて作った梅干しなので、美味しくなるまでもうしばらくねかせて、家族で大事に食べたいと思います。     

 

LINEで送る

丹後王国「食のみやこ」

京都コムファあゆみ薬局の薬剤師Yです。

西日本最大級の道の駅 丹後王国「食のみやこ」へ行ってきました!

17082301.jpg

甲子園球場 約8個分の広大な敷地です。

とても広い!

 

最近の京都北部は町おこしが活発に行われていて、大変賑わっております。

お盆の時期と重なっていたこともあり、道の駅は老若男女問わず沢山の人が訪れていて、海外からの観光客の姿も(о´∀`о)

 

敷地内には動物と触れ合えるコーナーや芝生の広場、果樹園、地元の食材を使ったレストラン、お土産ショップなど様々な店舗が入っていて、半日いても飽きなさそう!

知らないうちに魅力的なスポットができていたなんて。

 

新鮮な魚介をふんだんに使用した海鮮丼もとても美味しくて大満足!

 

17082302.jpg

あゆみ薬局へのお土産に買った ふりかけ「ふるって丹後」が思いの外好評でした。

 

また行きたいです(^^)

 

 

LINEで送る
前の5件 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13