ご利用方法

薬を安全・有効に使用していただくために

 薬局では、薬を有効且つ安全に使用していただくために、「アレルギーの有無」や「現在服用している薬について」など、必要な情報を患者さんにお聞きします。
 お聞きした内容は記録として残し、次回の調剤や服薬指導に役立てます。処方箋に疑問がある場合は医療機関の問い合わせをし、その際、医師にも患者さんから処方内容について相談されたことを報告し、次回の診察時に考慮して頂けるようにしています。
 また、厚生労働省から発表される「医薬品緊急安全性情報」等をもとに、必要に応じて患者さんやご家族に薬の情報を提供しています。

処方箋について

 当薬局では、全国どこの医療機関で発行された処方せんでも調剤できます。処方せんの有効期間は、通常発行された日を含めて4日間です。有効期限を過ぎますと、その処方せんでは調剤が受けられなくなりますので、必ず有効期限内にお持ちください。また、日曜・祝日をはさみましても、有効期限が長くなることはありませんので、ご注意ください。

処方せんのファックス送信について

 処方せんをファックスして頂いた場合、医薬品をあらかじめ準備することにより、処方せんを持参されたときの待ち時間を軽減することができます。調剤したくすりは、ご持参頂いた処方せんとファックスを照合した上でないとお渡しすることができません。必ず処方せんをご持参ください。また、ファックスの場合も有効期間は変わりませんので、その処方せんの有効期間内にご来局頂きますようにお願いいたします。なお、ファックスを送って頂いた場合でも、処方内容などによっては時間がかかる場合もございますので、ご了承頂きますようお願いいたします。

くすり手帳をお勧めしています

 「くすり手帳」は、患者様に処方されたくすりの名前、使用量、使用回数、くすりによる副作用やアレルギー情報などの履歴を記録する手帳です。受診時、医療機関や保険薬局にご提出頂くことにより、その内容を医師や薬剤師に伝え、同類のくすりの重複や飲み合わせのよくないくすりを避けることで、副作用や相互作用などを未然に防ぐことができます。くすりをより安全に、より効果的に使用して頂くためにもご利用をお勧めいたします。なお、「くすり手帳」は、各医療機関ごとにお持ち頂くものではありません。同時期に複数の「くすり手帳」をお持ちの場合にはご相談の上、できる限り1冊にまとめさせていただきます。「くすり手帳」は、調剤する処方せんと一緒にご提出頂きますようお願いいたします。まだお持ちでない方もお気軽にお問い合わせください。

薬剤服用歴の記録を作成

 くすりを安全に、効果的に使用して頂くために、患者様ごとに「薬剤服用歴の記録」を作成しています。これは、処方内容に関する照会の要点、服薬状況や服薬中の体調の変化、他科受診の有無、副作用が疑われる症状の有無、飲食物の摂取状況、後発医薬品使用に関するご意向や相談事項・服薬指導の要点などを経時的に記録した言わば「くすりに関わるカルテ」です。お聞きになりたいこと、相談したいことなど、どうぞご遠慮なくお尋ねください。

医薬品について

 当薬局では、約1500品目の医薬品を備蓄しています。しかし、医療機関で医師が処方できる医薬品は1万数千品目あり、その全てを即座に調剤することは残念ながら困難です。このため、備蓄していない医薬品は取り寄せて対応しています。取り寄せに要する期間は、医薬品によって異なりますが、その状況を薬剤師より報告させて頂きます。
 後発医薬品(ジェネリック医薬品)の使用促進に積極的に対応しています。医師の指示がある場合を除き、患者様のご希望により後発医薬品に変更できるようになりました。即座に対応できない医薬品につきましても、次回から準備させて頂くこともできますので薬剤師にご相談だくさい。

在宅訪問薬剤管理

 通院困難な患者様に対して、医師の指示のもと、ご自宅に訪問してくすりをお届けするとともに、くすりの説明や服薬管理、相談などを行う訪問薬剤管理指導業務を行っています。在宅医療をお受けの主治医または当薬局までご相談ください。

薬学生の実務実習を受け入れています

 薬剤師養成に関わる6年制薬学教育が始まり、これまで以上に医療への実践力の高い薬剤師をめざすため「現場教育」が重視されています。大学における事前教育で十分な知識、技術、態度を習得し、薬学共用試験に合格した薬学生が、病院・保険薬局での実務実習(現場教育)を受けることができます。当薬局では薬剤師の指導・監督のもと、実務実習生を受け入れています。実務実習受入にあたって、皆さまのご理解、ご協力のほどよろしくお願いいたします。