お薬手帳

ここではお薬手帳の活用法を紹介します。

(1)お薬手帳を医師にもみてもらいましょう

 お薬手帳を見るのは薬剤師だけではありません。お薬手帳を医師に見てもらうことで、どういった薬が適切なのかを医師も判断して処方することができますので、保険証とセットでお持ちいただくといいでしょう。

(2)お薬手帳は1冊にまとめましょう

 お薬手帳を1冊にして情報をまとめることで、複数の医療機関を利用している時でも手帳を見れば薬の飲み合わせや相互作用を医師や薬剤師が確認することができます。複数の医療機関から薬が出ている場合、薬が影響しあうことも少なくありません。同じ成分でも製薬会社ごとに薬の名前が違うため、別々の医療機関から同じ薬が出ていることもあり得ます。どこで何のお薬をもらったのか、これ1冊でわかるようにしておくことが大切です。

(3)市販のお薬を買ったときも記録しましょう

 調剤されたお薬だけでなく、市販のお薬を使用した場合も記録することで、飲み合わせを薬剤師がチェックすることができます。サプリメントも同様です。サプリメントとの飲み合わせが薬の効果に影響したり、副作用が現れたりすることもあるので、購入したサプリメントの名前を記入し、そのレシートを貼っておくといいでしょう。

(4)お薬について分からないこと、使用していて困ったことがあるときにも記録しましょう

 お薬の量やお薬を使用していて気になる体調の変化、ちょっとしたことでもこまめに手帳に記録することで医師や薬剤師が見て考慮することができます。お薬手帳は患者さん自身もご記入してもかまわないものです。検査値や血圧を書き入れておけば、薬の効果や副作用の判断に役立ちます。

(5)手帳に記してあることは患者さんの薬の記録ですので、大切に保管しましょう

※手帳は無料でお配りします.