いのちと健康を守る「架け橋」に いのちと健康を守る「架け橋」に

未分類

2016年8月9日

7月30日、恒例の平和盆踊りが開催されました。

この企画は、中・右京健康友の会が中心になって、民医連の事業所と様々な団体が、平和と脱原発・核廃絶を願って、地域の方々と交流する場となっています。今年は1500人が参加されて、趣向をこらした出店を楽しまれました。コスモス薬局も毎年、子ども向けの出店を出していて、今年は「すくって。すくって。お菓子をゲット」と名付けて、すくいものゲームをしました。真っ赤なプチトマトと黄色のミニアヒルは注目度抜群。開店と同時に、可愛いお客さん達の笑顔がはじけていました。熊本地震支援の「お茶」の販売も。また、原水禁世界大会に参加する職員が櫓にあがり挨拶をされるのも恒例で、今年は京都民医連中央病院のY医師が「大会に参加して自分の気持ちがどう変化するのか楽しみです」と話されました

平和の尊さや、脱原発・核廃絶への願いを新たにする夏の恒例行事。来年はぜひみなさんもご参加下さい。

                                                                                                                                                       コスモス薬局

 

01.png

02.png

03.png

 

 

 

 

 

05.png04.png