コスモス薬局 コスモス薬局

こすもす日和

2021年10月22日

医療懇談会開催!!

花園学区の花園団地で医療懇談会を行いました。

「日頃薬局で薬はもらっているけれど、薬剤師は一体どんな仕事をしているのかわからない」の声を受けて、薬局薬剤師の仕事を紹介しつつ、参加いただいた皆様からの質問にお答えしていきました。

処方箋受付から服薬指導をしてお薬をお渡しするまでの流れ(外来業務)や在宅訪問業務、薬学生実習等をイラストにまとめた 「こすもすだより」をベースにざっくり説明をしました。

患者さん一人一人、お薬の履歴(薬歴)がコンピューターで管理されていること。

お渡しする薬がたった一薬品であっても、お薬手帳の中身を確認しつつ「飲み合わせの悪い薬はないか」「アレルギーを起こした薬ではないか」「腎臓や肝臓の機能が低下していないか」等々をチェックし、もしその作業(監査)中に疑問点があった場合、 処方医師に確認し(疑義照会)、解決させてからでないとお薬はお渡しできないこと。ゆえに時間がかかってしまうこともあること。

お薬をお渡しするときに、主治医にお知らせしておいたほうが良いと思ったことは情報提供していること。

在宅で療養されている方に(医師の指示により)訪問してお薬をお渡しし、服薬状況や副作用の確認をしていること

等々・・・お話ししました。

また、参加された皆様からの質問コーナーでは、「こんなこといまさら聞けないのですが」という質問が・・・

「お薬はお水かお白湯で飲まないといけないのですか」                     →お茶(番茶、麦茶、ほうじ茶・・・)で飲んでもらっても大丈夫です。

「朝食後に飲んでくださいとなっているけど、朝は食事を摂りません。どうしたらいいですか」                                                 →お薬は基本的に食事に関係なく服用しても大丈夫です。薬効上食後や食前等に服用しなければいけない薬がありますが、その時は薬剤師がしっかり説明します。特に糖尿病の薬は指示通りに必ず服用してください。食前に服用したときは必ず食事をして下さい。

「飲み忘れたときは2回分飲んで良いですか」                          →飲み忘れたときでも2回分を服用してはいけません。気が付いたときに1回分服用してください。ただ次の服用時間が近いときは服用せず、次の服用時間に指示通り1回分服用してください。

等々・・・

皆さん意識高い系の方々で、中にはしっかりメモを取っておられる方もいらっしゃいました。

久しぶりの医療懇談会ということで、かなり緊張しましたが楽しかったですね・・・。                      

服薬指導以外で患者さんの声を聴くことは少ないですが、薬以外のことでも気軽に相談していただける「地域の薬局」の一員になれるよう頑張ろうと思いました。

京都コムファ コスモス薬局 H