いのちと健康を守る「架け橋」に いのちと健康を守る「架け橋」に

薬剤師のつぶやき

2013年11月1日

11月・・・すっかり秋です

 今日から11月・・・。今年もあと2か月となりました。

コスモス薬局に異動して8カ月目になった “新米保険薬剤師”の ♪るなきち♪です。

病院薬剤師と保険薬剤師の担うことが異なるので 日々勉強の毎日です。

 

 

ピークは少し過ぎましたが、秋には道を歩いているとキンモクセイの香りがします。

 

私は この甘くホッとする香りが大好きで 香りをかぐと秋だなぁーって感じます。

小河1.jpg

 

 よく見ると こんなちっちゃな花なんですよね。

 

小河2.jpg

*ネットでフリー写真をいだたきました。

 

 

今までと通勤路が変わったことによって今年は、このキンモクセイの香りによく遭遇しました。

 

で、ちょっと調べてみました。

 

 

≪Wikipediaより≫ 

キンモクセイ(金木犀、学名: Osmanthus fragrans var. aurantiacus)は モクセイ科モクセイ属の

常緑小高木樹で、モクセイ(ギンモクセイ)の変種。中国南部原産で、日本には江戸時代に渡来した。

秋に小さいオレンジ色の花を無数に咲かせる。

雌雄異株であるが、日本では雄株しか入っていないので結実しない。雄しべが2本と

不完全な雌しべを持つ。

 

 

\(◎o◎)/! 

・・・えっ? 種できないの?? どうやって増やしていくの?? と思いましたが、

 

挿し木で増やすことができるそうです。

 

キンモクセイは環境汚染に非常に敏感で、とくに自動車の排ガスには弱く 

 

幹線道路沿いでは花を付けないのだそうです。

 

 

≪つづき≫

中国では、正しくは丹桂がこれに当たるが、一般には桂花の名で呼ばれることがある。

花冠は白ワインに漬けたり(桂花陳酒)、茶に混ぜて桂花茶と呼ばれる花茶にしたり、

蜜煮にして桂花醤と呼ばれる香味料に仕立てたりする。

 

 

ヽ(^。^)ノ 桂花陳酒って キンモクセイだったの??

 

 しかも 白ワインに漬けていたとは 知りませんでした。

 

私は 甘いお酒が苦手なので飲まないのですが、今度飲んでみよう! 

 

 

≪花言葉≫

『謙虚』『謙遜(の気持ち)』『真実』『高潔な人』『あなたは高潔です』『気高い人』『高貴な人』

『志の高い人』など

 

キンモクセイって姿が見えないのに ある日、突然に香り始めるんですよね。

 

『謙虚』なんだか、香り強いので「主張が強い」のか・・・いったいどっちなんだ (―_―)!!

 

でも 私は いつまでも『志の高い人』であり続けたいと思います。

 

 

♪るなきち♪